【グーグルアナリティクス】セッションを理解しよう!

タグ:

【グーグルアナリティクス】セッションを理解しよう!の画像


みなさんこんにちわ!

いままでSEOBLOG内でグーグルアナリティクスについて色々解説してきましたが今回はセッションについて解説したいと思います。
Webに関わる上でセッションというワードはよく出てきますので、正しく理解しておきましょう。

「セッション」とは?

グーグルアナリティクスには、セッションとよく似た概念で「ユーザー」というのがありますね。
「ユーザー」とはユニークなブラウザをカウントしたのもです。
対して「セッション」とは訪問者がページを表示したらカウントされるのですが、30分間操作を行わなかったりブラウザを閉じたりしたら「セッション」が切れます。
この段階でまた同じブラウザでサイトに訪れても「セッション」は新たにカウントされますが、「ユーザー」は同じユーザーとしてみなされます。

つまり1人の人間が同じブラウザを使ってサイトに2回訪れたら、「ユーザー1」「セッション2」としてカウントされます。

ここまではお分かりいただけたでしょうか?

セッションは数ある指標の中でもとても重要な指標で、直帰率、新規セッション率、コンバージョン率などの指標のほとんどがセッション数を元に算出されています。
1つのセッションには、1つの参照元、1つのメディア、1つのキーワード、1つのランディングページといったディメンション(項目)のほか、直帰したか、コンバージョンしたかといった属性、セッションが継続しているないだのページビュー数、セッション時間などの指標もきっちり紐付いています。
また、「すべてのページ」レポートに表示される「ページ訪問者数」はページのセッション毎のセッション数を表します。

「ページ/セッション」について

「ページ/セッション」は1セッション中に閲覧されたページビューの平均です。
以下のような3セッションがあったします。

  • セッションA 2ページビュー
  • セッションB 3ページビュー
  • セッションC 1ページビュー

これは合計6ページビューとなり、「ページ/セッション」は(2+3+1)÷3=2となります。

「ページ/セッション」はユーザーの回遊率を表すうえでの指標となり、基本的には数値が高いほうがいいのですが、サイトのユーザビリティが悪く、ユーザーのが迷っている場合もこの数値が高くなるので気をつけましょう。

「セッション時間」について

セッション時間とは、セッションの開始と終了までの間の時間を計測したものです。
先ほども述べたように、セッションの開始とはユーザーがサイトのページを表示したらカウントされ、終了とは30分間何もしなかったり、サイトやブラウザを閉じたりすると終了となります。
この指標はユーザーがどれだけサイトのコンテンツに興味を抱いたかという重要な指標となります。

例えば以下の様な1つのセッションがあった場合、セッション時間は20分となります。

  • index.html 10:00に表示(セッション開始)
  • news.html 10:10に表示
  • article.html 10:20に表示(セッション終了)

ここで気をつけなければならないのは、最後の「article.html」の滞在時間は計測出来ないということです。
ですのでこの最後のページの滞在時間はセッション時間の算出上は無視されてしまいます。
たとえ最後のページである「article.html」をユーザーが熱心に20分間熟読しようともそこでの時間はセッション時間に含まれません。

またユーザーがサイトに訪れて、最初に表示したページから直帰してしまった場合も最後のページのセッション時間は計測できないので「セッション時間」は0となります。

最後に

どうですか?みなさんセッションについておわかりただけたでしょうか?

セッションはグーグルアナリティクスを使う上で是非理解しておきたい重要な指標ですので、お役に立てたら幸いです。


オススメ関連記事
年末のごあいさつと冬季休業日のお知らせ
WEBライティングの本質と今後のキュレーションメディアの展望
ブログ記事の順位を上げるSEOライティング