【アップデート】2021年6月コアアルゴリズムアップデート発表!ロールアウト後の影響と対策は?

タグ:

【アップデート】2021年6月コアアルゴリズムアップデート発表!ロールアウト後の影響と対策は?の画像

共有

2021年6月3日(太平洋時間)に半年ぶりにGoogleのコアアルゴリズムアップデートが発表されました。この記事では、Googleの公式発表内容まとめと、今回のコアアルゴリズムアップデートによってどのような影響が見られたか、順位の減少など変化があった場合にとるべき対策についてまとめました。

【半年ぶり】Google公式が6月3日コアアルゴリズムのアップデートを発表

太平洋時間の2021年6月3日、Googleはコアアルゴリズムアップデート(コアアップデート)“the June 2021 Core Update”を実施したと公式Twitterにて発表しました。今回のアップデートは2020年12月4日にあった“the December 2020 Core Update”以来、半年振りの実施でした。以下公式Twitterの内容を確認していきましょう。

翻訳「本日後半に、年に数回行うように、幅広いコアアップデートをリリースします。これは、2021年6月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.htmlこれに続いて、2021年7月のコアアップデートが行われます。詳細はこちら…」

一番初めの発表にて今回のアップデートは“the June 2021 Core Update”と呼ばれるものであること、7月にも続けてコアアルゴリズムのアップデートが行われることが分かりました。連続したコアアルゴリズムのアップデートが連続してあることは珍しいものですが、公式は以下に説明を続けています。

翻訳「2021年6月の更新で計画されている改善の一部はまだ準備が整っていないため、準備が整っている部分を進めてから、残りの部分を2021年7月の更新で続けます。ほとんどのサイトは、コアアップデートで一般的であるように、これらのアップデートのいずれにも気づきません。」

計画に間に合わなかった分のアップデートが7月に行われるようです。そのためGoogleは施策に対して次のようにアドバイスしています。

翻訳「もちろん、コアアップデートは、一部のコンテンツのドロップまたはゲインを生成する可能性があります。このリリースは2部構成であるため、コンテンツのごく一部で6月に変更があり、7月に逆になる可能性があります。」

6月のコアアップデートで順位の上昇や下降があったとしても、7月にはまたその逆の動きをする可能性があるということですね。6月の結果を受けて急いでコンテンツのリライトなどを始めるのは時期尚早ということです。ただ、サイトの順位がサイト管理者たちに大きな影響を与えることは十分理解しているのか、サイト管理者がすべきことを続けて言及しています。

翻訳「念のため、コアアップデートにはサイト固有のものはありません。コアアップデートを含め、一般的に検索でうまく機能しようとする人は、ここで私たちのガイダンスを参照する必要があります」

翻訳「また、Google検索が年に何千回も更新され、エクスペリエンスと結果の品質を向上させることを目的とした変更について説明しているブログ投稿もご覧ください。」

検索で上位に表示されたい場合は、するべきことは変わらないのでガイダンスやブログを参照しサイト制作を進めていきましょうということですね。

翻訳「2021年6月のコアアップデートが公開されました。これらのアップデートで一般的であるように、完全にロールアウトするのに通常約1〜2週間かかります。」

最後にロールアウトには1~2週間かかることが示唆され一連の発表は終わっています。

6月のコアアルゴリズムアップデートにCore Web Vitalsも含まれる?

6月のコアアップデート以外にも、Page Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)のロールアウトが6月中旬から開始され8月までの間に徐々に展開されることも発表がありました。Core Web Vitalsとは、そのランキング要因に取り入れると発表されているUX指標です。今回のコアアプデートに影響はあるのか気になるところでしたが、それに関する公式発表はありませんでした。(ページエクスペリエンスアップデートの速報についてははこちらの記事へ:【UIUXが重要】延期されていたコアウェブバイタル(Googleページエクスペリエンスアップデート)が2021年6月中旬から段階的に開始

6月のコアアルゴリズムアップデートこれまでの傾向は?やっていくべき対策は?

翻訳「21年6月のコアアップデートのロールアウトは、2021年6月12日に完了しました。」

太平洋時間6月16日に、12日には完全にロールアウトが完了したと発表がありました。弊社の観測するサイトでは、日本時間3日にコアアップデートの発表後、6日ごろからサイトに変動がみられるようになりました。しかし変動内容としては、従来のコアアルゴリズムアップデートで起こるような大きな変動は観測されず、月に起こる変動より少し大きめの変動に留まりました。7月のコアアップデートでも従来のような大変動が起こらない可能性も考えています。とはいえ、ジャンルやサイトによっては大きな変動も起きているようなので油断はできません。今回変動があったサイトもなかったサイトもしていくべきことは変わりません。Google公式がことあるごとに述べているように、していくべき対策はユーザー意図に沿った高品質なコンテンツの提供です。SEO STYLEでは、無料のサイト簡易診断を行っています。 自社サイトのコンテンツ評価が気になる、集客や順位に伸び悩みがあるなどお悩みがある場合には是非ご利用ください。SEO STYLEでは、無料のサイト簡易診断を行っています。自社サイトのコンテンツ評価が気になる、集客や順位に伸び悩みがあるなどお悩みがある場合には是非ご利用ください。

<【競合に負けてるキーワードや課題分かる】無料簡易診断の問い合わせ>

【速報】7月2日コアアルゴリズムアップデートの発表

翻訳「以前に発表された2021年7月のコアアップデートが現在展開されています。これらは通常、完了するまでに1〜2週間かかります。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html更新を通じて検索を改善する方法の詳細は次のとおりです。」

太平洋時間7月2日にGoogle公式から7月“July 2021 Core Update”のコアアルゴリズムのロールアウトが発表されました。

オススメ関連記事
【速報】2021年7月コアアルゴリズムアップデート発表!ロールアウト後の影響と対策は?
【古いサイト要注意】6月23日、6月28日にGoogle検索スパムアルゴリズムの更新を確認
【UI/UXが重要】延期されていたコアウェブバイタル(Googleページエクスペリエンスアップデート)が2021年6月中旬から段階的に開始