Googleはリンクスパムアップデートを開始!アップデートの内容とは?

タグ:

Googleはリンクスパムアップデートを開始!アップデートの内容とは?の画像

共有

7月27日に公式でアナウンスした「リンクスパムアップデート」が発表されました。この記事ではリンクスパムアップデートとはどのようなものなのか?Googleの公式発表をまとめ、このアップデートでどのような影響が予測されるか、サイト運営者がしていくべき対策をまとめました。

リンクスパムアップデートとは?その影響は?

2021年7月27日に「リンクスパムアップデート」の開始が発表されました。今後2週間でアルゴリズムの更新が行われます。 Googleはユーザーにとって利便性がある品質の高い検索結果の表示を常に目指していますが、今回は「リンク」の品質向上を目指したアップデートとして、リンクスパムを行なっているサイトに対し再評価が行われました。

なぜリンクスパムアップデートが行われたのか?

Googleはリンクスパムアップデートの発表で、最近ではウェブサイトやブログで収入を得るクリエーターがたくさんいること、中には収益化のために、品質ガイドラインに違反するリンクを設置するサイトがあることを指摘しています。このようなサイトが増えるとGoogleの目指すユーザーにとって利便性のある検索結果の表示が叶わなくなってしまうため、対応に乗り出したのでしょう。

対処が必要なリンクはどんなリンク?

収益化のために、品質ガイドラインに違反するリンクとしてはどのようなものがあるでしょうか?以下に今回Googleが言及しているリンクとその対処法を挙げました。心当たりがある場合には速やかに対処を行いましょう。

1.アンカーテキストリンクにキーワードを豊富に使用したアフィリエイトリンクやスポンサー付きのゲスト投稿(PR投稿)をしている

1つ目はアンカーテキストの設置の仕方についてです。 (アンカーテキストとは、リンクを設定しているテキスト文章のことです。)

例えば、以下の①と②の引用を比べてみましょう。

① 引用Google公式セントラルブログ: https://developers.google.com/search/blog/2021/07/link-tagging-and-link-spam-update

② 引用Google公式セントラルブログ: 対象となるリンクとリンクスパムのリマインダー

①のようにアルファベットのURLが貼られているよりも、②のように文字にリンクがあった方が分かりやすいですよね。このようなユーザーの利便性や、Googlebotにリンク先の内容を示すという点でも、本来アンカーテキスト自体はSEO対策として有効です。しかし、SEOを意識しすぎてキーワードを詰め込みすぎている場合には、逆にユーザーの可読性を下げてしまうため、Googleとしても良くないリンクと判定するということです。

▽アンカーテキストリンクの良い例と悪い例

2.修飾属性を適用していないリンクを設置している

2つ目は修飾属性を適用していないリンクです。Googleはアフィリエイトリンクやスポンサー付きのゲスト投稿(PR投稿)について、rel = “sponsored”の記述を推奨しています。 これは、商品関連の検索ランキングを改善し、品質の高いコンテンツに対し、より良い報酬を与えるためのGoogleの取り組みです。 特にアフィリエイトリンクについて適切に修飾ができていないサイトが見つかった場合には、手動で対応する可能性(手動ペナルティの可能性)があると発表されているので必ず修飾属性を適用しましょう。

スパムアップデートとの違いについて

リンクスパムアップデートとは別に7月にはスパムアップデートも行われました。「スパム」を冠するアップデートが同月内に行われましたがどのような違いがあるのでしょうか?スパムアップデートでは内容の詳細は語られておらず、スパムに関する全体的な更新がされた可能性があります。それに対し、今回のリンクスパムアップデートでは、対象の言及がされており、品質ガイドラインに反するような「リンク」について見直しがされるとのことでした。

まとめ

以上がリンクスパムアップデートの発表内容速報でした。冒頭で述べたように、今回のアップデートではアフィリエイトを行なっているサイトや、スポンサー付きのゲスト投稿(PR投稿)を行なっているサイトは、再評価の変動を受けやすそうですね。7月2度にわたるスパムに関するアップデートからも分かるようにGoogleはユーザーの利便性を損なう悪質なサイトや悪質リンクを減らしたいと考え、日々アップデートを行っています。特に直接的にリンクによって金銭が絡むものに関しては方針を明言することで、ルールを守って収益化を目指す良質なサイトと、ガイドラインを無視するような悪質なサイトを見分けようとしているのかもしれませんね。近年のアップデートはいくつものアルゴリズムが絡んだ更新で内容の言及がされることはあまり多くはありませんが、今回のように対象や対象方が明言されることもあるので、こまめにGoogleからの発表を確認していく必要がありますね。 SEO STYLEでも、Googleの発表をみなさまに分かりやすく早く共有していきたいと思います!

追記

  Googleは20218月25日にリンクスパムアップデートの完了を発表しました。

オススメ関連記事
品質評価ガイドラインとは?WEBマスター向けガイドラインとの違いも解説!
【初心者必見】Web集客に必須!SEOに必要な内部対策と外部対策を分かりやすく解説
【新要素】Passage Ranking(パッセージランキング)とは?