SEOキーワードの正しい用途を知ろう!読んでもらえる記事を書ける秘訣

タグ:

SEOキーワードの正しい用途を知ろう!読んでもらえる記事を書ける秘訣の画像


記事にSEOキーワードを入れることで、より閲覧数UPにつながります。
正しく使って上位表示を目指しましょう!

・各種類のSEOキーワードを上手に掛け合わせよう

種類は、大きく分けて検索ボリューム数と期間で考えられます。

〇検索ボリューム数の3種類

☆ビックキーワード:検索ボリューム数が多い1語のキーワード
 例 「ファッション」
☆ミドルキーワード:検索ボリューム数がまあまあな2語のキーワード
 例 「アニメ 青春」
☆スモールキーワード:検索ボリューム数が少ない3語以上のキーワード
 例 「ご飯 おすすめ 渋谷」

〇期間の3種類

☆ショートレンジキーワード:一時的に大量検索されるトレンドのキーワード
 例 「今年の一文字」
☆ミドルレンジキーワード:毎年訪れる一定期間のとき検索数が上がるキーワード
 例 「クリスマス」 「花火大会」
☆ロングレンジキーワード:ずっと一定の検索数があり安定しているキーワード
例 「スキンケア」

検索ボリューム数が大きいビックキーワードを使うばかりでは、競争率が上がってしまい相当いいコンテンツでない限りあまり意味がありません。だからといって、スモールキーワードだけだと、そもそも検索数が少ないので上位表示になっていても閲覧数は増えません。
ビックキーワードとスモールキーワードの境界線は、連なっている単語です。
ラーメンだけならビックキーワードですが、ラーメン 場所 店舗と詳しい情報になれば特定のものを指すのでスモールキーワードとなります。そして、「花火大会」などの毎年訪れるような季節のイベント系はミドルレンジキーワードとしてあげられますし、「スキンケア」のような日常的なことはロングレンジキーワード。
このように、記事に合わせたキーワードの掛け合わせが重要です。サイトの中身と合わせて、検索ボリューム数も考えながらキーワードを選びましょう。

選び方にもコツがいる?

ただ好きなように記事を書いて、たくさんのユーザーに読まれるなら誰も苦労はしませんよね。
まずは、自分が運営するブログやサイトに合いそうなキーワードを想像してみましょう。その後は、無料ツールを使い検索ボリューム数が多過ぎず少な過ぎないキーワードを選択します。

とにかく上位表示を目指すなら、ボリューム数が少なめの1,000くらいまでのSEOキーワードがおすすめです。
月や年数でもボリューム数は大きく変動します。毎月キーワードを調べると細かい傾向もわかってくるのでいいですよ。
そして、サジェストツールを使い中身に関わっているキーワードを同時に使いましょう。

ユーザーが求める記事を書ければ、自然な上位表示に繋がります。タイトルや見出しなどにもSEOキーワードを入れると、その分ユーザーも見つけやすくなり上位表示も夢ではありません。
先ほども述べたように、月や年数でもキーワードの検索ボリューム数は変動しますので、記事をサイトに載せてからも閲覧の傾向を探り、リライトをすると高評価を得られ、たくさん読まれるようになりますよ。
適切なSEOキーワードを選びましょう。

少し前と現在のキーワードには違いがある

少し前までは、悪質なサイトの記事も多くありましたよね。ボリューム数が多いSEOキーワードを、とにかく詰め込み文章が変でも上位表示になっていたサイトなど。
しかし、現在はユーザーの求めているキーワードと提供している情報が一致していなければ意味がありません。つまり、質問であるSEOキーワードについての答えが記事に書いてあれば大丈夫です。

例えば、「カフェ オシャレ」で探している人は、特に場所を決めているわけではありませんよね。
しかし「下北沢 カフェ オシャレ」だったらどうでしょうか。エリアを決めているので「カフェ オシャレ」よりも具体的な情報が欲しいということですよね。
Googleなどの検索エンジンの人工知能も日々進化しています。正しくキーワードを使わなければ、何のブログやサイトなのかわからず検索意図と一致していないとみなしペナルティを受けてしまいます。

使いたいSEOキーワードの本質を見極め、オリジナリティがあり網羅性を兼ね備えた記事を書きましょう。
関連性の高いキーワードを選び、より文章に深みを与えるのも効果的です。しかし、詳しくなりすぎてユーザーが理解しにくい記事になってもいけません。
使えるSEOキーワードを選び、長く読み続けてもらいましょう。

まとめ

ユーザー目線のSEOキーワードを使いましょう。

・種類は上手に掛け合わせる
・丁度いいボリューム数やサイトに合わせて選ぶ
・検索しているSEOキーワードと提供している情報をリンクさせる

以上の3点に気をつければ、いいコンテンツの出来上がりです。
ぜひ、実践してみてくださいね。


オススメ関連記事
【これだけ押さえれば大丈夫】SEOを意識したhtmlタグの書き方特集
WEBライティングの本質と今後のキュレーションメディアの展望
ブログ記事の順位を上げるSEOライティング