SEO内部対策

【内部対策】キーワードの近接度に気をつけよう

タグ:
共有

キーワードの近接度とは

SEO対策をする上で、キーワードには、近接度などが関わってきます。
検索キーワード同士が、近くに配置されている方が、そのサイトに求める情報があると判断されます。これがキーワードの近接度です。
近接度といっても、イメージしづらいと思いますので、例を挙げてご紹介いたします。

(例)「SEO対策 理由」であげたい、ミドルワードで上位表示を狙う

(1)「SEO対策をする理由は○○です。」
(2)「○○することをSEO対策といいます。その理由は△△であり、○○のためです。」

どちらも対策したいキーワードを順序よく、自然につなげて近接させています。
もし内部のテキストとして扱う場合は、(2)の2つの文章で記述することをお勧めします。検索キーワードと関連性のある語句が記述してある方が、ミドルワードで検索をしたユーザーが増え、詳しい情報があると、Googleに評価されるからです。

注意したいこと

「このキーワードで対策したい!」と考えキーワードをページの中に入れるのも考えものです。不自然に大量のキーワードが記述されているものは、スパム判定される可能性が高まります。
ページ内の情報量と、そのキーワードの含有率にもよりますが、多くても1ページに3つくらいを目安にテキストを作成してみましょう。

オススメ関連記事
サイトの集客がうまくいかない原因解明!コンテンツSEOでサイト改善
品質評価ガイドラインとは?WEBマスター向けガイドラインとの違いも解説!
【初心者必見】Web集客に必須!SEOに必要な内部対策と外部対策を分かりやすく解説