SEO内部対策

Webライティングにおけるタイトルの重要性

タグ:

Webライティングにおけるタイトルの重要性の画像


Webライティングはタイトルが大事

Webライティングにおいてはなぜタイトルが大事なのでしょうか。
それは、多くの人にとって最初のタイトルを見てから、内容の確認に移るからです。 雑誌や、店頭で書籍を選ぶ際には表紙を確認して、何かしらの興味があれば、記事や本文の内容を確認しますよね。
それと同様にして、Webライティングもタイトルを見てから記事やコラム、コンテンツを確認するといったことが行われます。

35文字が勝負どころ

Webライティングはインターネットを通じてユーザーに発信されることから、Google検索に左右されやすいと言えます。
そのため、Google検索にあったタイトルの設定の仕方が必要になってきます。
Google検索においては、最初のタイトルが35文字しか表示されません。ゆえに、その35文字でいかにユーザーを引き付けるかがカギとなります。

タイトルの決め方

では、実際にタイトルはどのようにしてつければよいか見ていきましょう。 大事なことは、タイトルと、本文の内容が一致しているかを確認しましょう。
タイトルを決める際は以下の3点に注意設定してみてください。

 

  • 本文の内容を含んだタイトルになっているか。
  • アピールしたい単語・語句が含まれているか。
  • 不自然な言葉になっていないか。(日本語的に不自然ではないか)

 

検索を想定する

タイトルの付け方や、記事を書く内容で迷った際は、Googleのキーワード補完機能を使いましょう。キーワード検索する際に使う検索ボックスに気になるキーワードを一つ入力してみてください。
すると最初に入力したメインキーワードにプラスしてキーワードが表れます。これがセカンドキーワードです。これはGoogleが膨大な検索ログをとるなかで、ユーザーがよく検索に用いるキーワードです。
そのため、これらをヒントにタイトルを含む記事を考えることで、ユーザーの関心の高い記事をライティングすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 WebライティングにはWebライティングなりのやり方があります。
今回ご紹介させて頂いたものは、ひとつの手段ではありますが、是非活用してみてください。
引き続き次回記事もよろしくお願いします。


オススメ関連記事
本当の狙いはココ!オウンドメディアから自社サイトへの誘導方法
外部リンク対策の押さえておきたい3つの基本について
SEOキーワードの正しい用途を知ろう!読んでもらえる記事を書ける秘訣