SEO対策全般

サブドメインとディレクトリはどちらがSEOにいいの?違いを知って使い分けよう!

タグ:

サブドメインとディレクトリはどちらがSEOにいいの?違いを知って使い分けよう!の画像


サブドメインとディレクトリについて

こんにちは。新入社員のKです。
皆さんは、サブドメインとディレクトリの違いについてご存知でしょうか。
ドメインってサイトによってサブドメインが使われていたり、使われていなかったり…。また、ディレクトリが使われていたりもして、よくわからないですよね。
サブドメインとディレクトリの違いを詳しく知らない方は意外と多いと思います。私も最近まで知りませんでした…。

今回は、サブドメインとディレクトリの違いについて調べてみました。
似てるようで似ていないサブドメインとディレクトリの使い方。どちらを使えばいいのかを私の見解を踏まえお伝えしていこうと思います。
サイト運用のご参考にして頂けますと幸いです。

サブドメインとは

サブドメインとは簡単に言えば、ドメインを細かく区分けしたものです。
Yahoo!を例にすると

yahooのトップページ→www.yahoo.co.jp
yahooニュースのページ→news.yahoo.jp   

となっており、それぞれドメインの前にwwwやnewsといったものがついていますよね。
「www.yahoo.co.jp」はルートドメインと呼ばれており、「news」にあたる部分はサブドメインと呼ばれています。

ディレクトリとは

ディレクトリとはフォルダと同じような意味合いで、簡単に言えば入れ物を指します。
先に挙げたYahoo!を例にすると

yahooニュースのページがyahoo.jp/newsといった具合に「/(スラッシュ)」で区切られます。
※yahooのニュースページはディレクトリではなく、サブドメインを用いて区切られていますので、開いても存在しないページに飛びます。もしくはトップページにリダイレクトがかかります。

使い分けが大事

サブドメインとディレクトリは使い分けが大事です。
ポータルサイトであっても、サブドメインを使用しているサイトと使用していないサイトがありますが、これらのサイトの違いはどこに注力しているかだと思います。

  • 取り扱うサービスがジャンル(テーマ)毎で異なる場合はサブドメインを使う。
  • 取り扱うサービスが1つで、詳しく深堀している場合はディレクトリを使う。

といった認識で良いと思います。

下記に、サブドメインとディレクトリごとの有用性について挙げてみました。

場面ごとの有用性-サブドメイン-

先にあげたYahoo!でいえば、Yahoo!のニュースページはニュースを提供するコンテンツで、その他にYahoo!はオークションやスポーツ等のサブドメインがあります。
こういった膨大な量を扱うポータルサイトなどは、サブドメインを使う傾向にあります。

サブドメインを使うことで、テーマごとに管理しやすくなります。そのため、提供しているサービスのジャンルが異なる場合や内容・質が全く異なる場合であれば、サブドメインを使うと良いでしょう。

サブドメインを使った代表例

Yahoo!以外にもサブドメインを使った代表的なサイトは「wikipedia」や、「livedoor」などがあります。
Wikipediaは国ごとにサブドメインを使っております。

日本であれば→https://ja.wikipedia.org/
英語圏であれば→https://en.wikipedia.org/

と使い分けております。

ブログやニュースでおなじみの「livedoor」では下記のようになります。

ブログであれば→http://blog.livedoor.com/
ニュースであれば→http://news.livedoor.com/

です。

場面ごとの有用性-ディレクトリ-

ディレクトリの効力が発揮するのは一つのサイトでジャンルテーマが完結している場合です。その場合はサブドメインを活用するメリットはないですし、むしろディレクトリを活用することでサイトが階層的になり、収まりが良くなります。

検索エンジンは階層構造になっているサイトを好む傾向にあるのでディレクトリで区切ることで、階層構造に近づくことができます。
1つのテーマに関するサイトで、情報がより深い場合にはディレクトリで区切ると良いでしょう。

ディレクトリを使った代表例

ディレクトリを使った代表的なサイトはMSNなどがあります。

ニュースであれば→http://www.msn.com/ja-jp/news
ライフスタイルであれば→http://www.msn.com/ja-jp/lifestyle

です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
サブドメインもディレクトリもそれぞれ場面に応じて使い分けることが大事だということが伝わりましたでしょうか。

一方的にどちらが良いというのは無く、どちらもその有用性に応じて使い分けることがSEO的には大事になります。
検索エンジンに最適化されたサイトにするためには、サイト内の情報が整理されているべきですので、サブドメイン、ディレクトリをうまく活用して、評価されるサイトを構築していきましょう!

以上です。
引き続き次回記事もよろしくおねがいします。


オススメ関連記事
モバイルファーストインデックス(MFI)について
今年起きたSEOの出来事のまとめ
グローバル展開を見据えた、SEO施策について