SEO内部対策

【WordPressプラグイン大活用】絶対押さえておきたい内部SEO対策の3つのポイント

タグ:

【WordPressプラグイン大活用】絶対押さえておきたい内部SEO対策の3つのポイントの画像


意外と見落としがちな内部対策は、プラグインですぐに対策!

こんにちは。ディレクターのHです。

最近では、WordPressなどのCMSでのサイトが主流になっていますね。弊社も漏れなくWordPressを大活用しております。
「WordPressでサイト構築!完成!」となり、集客のためSEOを意識しながら運用していると、狙ったキーワードに合ったワーディングや、コンテンツをどうやって充実させるかという部分に目が行きがちではないですか?しかし、そういった部分より、まずサイト内部の環境を整えなければSEOの効果が見込めません。

そこで今回は、WordPressを使用しているWEB担当者様へ、最低限ここは押さえてほしい内部対策を教えちゃいます。WordPressなので、プラグインを使って簡単に設定できますよ。

チェックしておきたい基本的な内部対策はこれ!

最初に、SEOの内部対策で押さえておきたい必要最低限の項目はこちらです。
できていない部分があったらリンクを押してすぐに対応してください!

  1. title、description、keywordなどのmeta情報を設定しているか
  2. パンくずリストを設定しているか
  3. サイトマップを作成しているか

さっそくプラグインを導入して設定しよう

title、description、keywordなどのmeta情報を設定しているか

meta-iamge

インストールしてほしいプラグイン:All in One Seo
このプラグインをインストール・有効化したらメニュー「All in One SEO」>「General Settings」で設定画面を開き、下記の部分を設定してみましょう。

「Home Page Settings」 – トップページ用のmetaを記入

これはトップページ用のtitle、description、keywordです。
meta設定イメージ

title、description、keywordの記入
それぞれを記入しましょう。

この図のような形で表示されるので、キーワードを有効的に入れ、かつ、ユーザーがクリックしやすいような形で設定しましょう。

「keyword Settings」 – 詳細ページのkeywordを設定できるようにする

usekeywords

「Use keywords」にチェック
これで詳細ページにkeyword設定ができるようになります。

「Custom Post Type Settings」 – 詳細ページでもmeta情報を設定できるようにする

※これはカスタム投稿を使用している場合のみ設定してください。
カスタム投稿にmetaを設定する

(1) 「カスタム投稿用のSEO」の「利用」にチェック
(2) 「SEO on only these post types:」の「投稿」「固定ページ」、「Enable Advanced Options:」の「利用」にチェック
これでカスタム投稿でページを作成したときも、1ページごとにmeta情報を設定できるようになります。

パンくずリストを設定しているか

パンくずイメージ

インストールしてほしいプラグイン:Breadcrumb NavXT
パンくずリストって何?という方はこちら>>

さあ、いますぐパンくずを設定しましょう!

(1) プラグインをインストール・有効化
(2) メニュー「設定」>「Breadcrumb NavXT」をクリック
(3) 「Your settings are out of date.」の隣の「Migrate now.」をクリック
設定画面
(4) Heder.phpにあるコードを記述
パンくずリストを設置したい場所に下記のコードを挿入するのですが、ヘッダーにパンくずリストを表示する形がSEO的にも、ユーザビリティ的にも良いと思います。コピペして使ってくださいね。

(5) 管理画面上から「Breadcrumb NavXT」の設定画面を開く((2)の手順)
(6) 「Home Templete」上の「%htitle%」を「ホーム」に変更
pankuzu-home
これを行わないと、サイト名がそのまま出てしまいます。
例えば、「SEO対策ならSEO STYLE > 下層ページタイトル」のような形。
これはユーザーから見ても見づらい・わかりにくいですね。
(7) 「設定を更新」を押して保存。

サイトマップを作成しているか

サイトマップイメージ

インストールしてほしいプラグイン:Google XML SitemapsPS Auto Sitemap
サイトマップって何?って方のための記事はこちら>>
ざっくりいうと、サイトマップはGooglebotのためのものと、ユーザーのためのものの用意が必要です。
それでは、まずGooglebot用のサイトマップを作ってみましょう。

GoogleBotのためのサイトマップの作り方

(1) Google XML Sitemapsをインストール・有効化
(2) 「設定」>「Google XML Sitemaps」の画面を開く
(3) 「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックして構築してください。」をクリック。
(4) 「正しく通知されました」と表示されたらOK!
正しく通知されました!
こんな画面がでてくるはずです。
(5) できあがった「sitemap.xml」をGoogleSearchConsoleに送信!

このプラグインを使うといいことはxml形式のサイトマップを自動生成してくれるところです。できあがったサイトマップは「http://ドメイン名/sitemap.xml」にアクセスするとみることができるはず。アクセスして、送信してみましょう。
GoogleSearchConsoleでの送信方法については、別記事で紹介いたします。

ユーザーのためのサイトマップの作り方

(1) PS Auto Sitemapをインストール・有効化
(2) 「固定ページ」で「サイトマップ」を作成
sitemap-make
普通にさくっと作成しましょう。
(3) 本文に以下のコードを貼り付け
こんな形でこれを貼り付けてください。
sitemap-sourse
(4) 作成したサイトマップの記事IDをメモ。
url-no
固定ページの記事IDを調べるには、編集画面のURLを確認しましょう。そこに表示されている数字が記事IDです。
(5) 「設定」>「PS Auto Sitemap」の画面を開く
(6) 「サイトマップを表示する記事」に先ほどメモした記事IDを記入
ps-auto-sitemap
(7) 変更を保存

まとめ

いかかでしたでしょうか?この3つがまずは必要最低限で、サイトの環境を整えるポイントです。この他にも、もっと内部環境を整えるために行うべき設定がありますので、記事からどんどん紹介していきますね。

もしこの記事で「設定がわからない」「SEOの相談にのってほしい」と思ってくださいましたら、したの無料診断からぜひお問い合わせください。


オススメ関連記事
本当の狙いはココ!オウンドメディアから自社サイトへの誘導方法
外部リンク対策の押さえておきたい3つの基本について
SEOキーワードの正しい用途を知ろう!読んでもらえる記事を書ける秘訣