【Web集客】ランディングページの重要性

タグ:
共有

ランディングページと聞くと何を思い浮かべますか?
「縦長の派手なデザイン」のページをイメージする方が多いのではないでしょうか?
実はランディングページとは「ランディング=着陸」つまりユーザーがサイトの中で1番最初に訪れたページのことなんですね。

Web集客でランディングページが重要な理由

最大の理由は「サイトに対するイメージそのもの」であるからです。
「人間は第一印象でその後の関係も変わる」、話せば凄くいい人かもしれませんが、身だしなみに気を使えていなかったら「だらしのない人だ」と感じてしまうはずです。
これはWebサイトにおいても同じで、ランディングページとはサイトの顔です。
訪問(集客)したユーザーがその後どういった行動をとるか決定するページになるのです!

目的によって変わる?

ランディングページとは前述したように「ユーザーが最初にランディング(着陸)したページ」、つまりトップページ以外の商品一覧やブログページ、会社概要等すべてがランディングページになる可能性があります。
Web集客で重要なのはランディングが多いページに対してそこからユーザーがどのようにサイトを巡回して目的に辿り着いたかを把握し、ページの目的に沿った改善を行うことです。
ECサイトを例にあげますと、「商品ページ」にランディングしたユーザーは購入に、ブログページにランディングしたのであれば先ずは商品ページに誘導、といったようにページをただ作るのではなく、目的(CV)をもってページをつくることを意識しましょう。

オススメ関連記事
【速報】2021年7月コアアルゴリズムアップデート発表!ロールアウト後の影響と対策は?
【古いサイト要注意】6月23日、6月28日にGoogle検索スパムアルゴリズムの更新を確認
【アップデート】2021年6月コアアルゴリズムアップデート発表!ロールアウト後の影響と対策は?