SEO内部対策

【SEO対策】スマートフォンサイトの最適化

タグ:

【SEO対策】スマートフォンサイトの最適化の画像


2015年4月にモバイルフレンドリーが発表されてからスマホサイトを作る方も増えたのではないでしょうか?
中にはPCサイトよりもスマホサイトからの集客に力を入れている方も多いと思います。 では、スマホサイトを検索エンジン上にて上位表示するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

PCサイトとスマホのURLが別

重複コンテンツとみなされる?!

Googleでは基本的にPCもスマホも同じアルゴリズムを適用しているので、PCサイトに特化しているからといってスマホの順位が不利になるということはありません。
しかし、同一コンテンツで作られたPCサイトとスマホサイトに対してURLが別に設定されている場合、双方の関係性が伝わっていないと重複コンテンツと判断されてしまい、折角作ったスマホサイトや検索エンジンに最適化してあるサイトでも上位表示がされにくいという事もあります。

対処方法

双方のURLが正しくインデックスされるために、このスマホサイトはAというPCサイトのスマホ版ですと宣言することで検索エンジン上に正しくインデックスされPC・スマホ関係なく評価を受けるようになります。

canonical属性とalternate属性

Canonical属性とは

Canonical属性とは、URLを正規化する為に用いるタグのことです。
例えば、SEOの内部的要素として重要である項目のひとつ「www.」のありなし統一も URLの正規化のひとつです。
しかし、コンテンツ量の多いサイトであると必要があって重複ページが存在している場合、検索エンジンに重複ページとして処理されてしまうと困りますよね。
こういった場合に使用するのがタグです。
重複コンテンツ(ほぼ同じ内容のコンテンツ)がある場合、優先的に検索結果に表示させたいページを指定する為のタグです。
ここで注意したいことが「あくまでも優先するためのタグであること」です。
1つのページのみにCanonical設定をしてしまうとそのページ以外は検索エンジン上に表示されません。
本来、このキーワードに最適なページは下層ページであるのに間違ったCanonical設定によって検索エンジン上に見当たらなくなると順位が付くはずのページに順位が付きません。
また、検索結果には1ドメイン3URLまで表示させることが出来るので、検索結果の1~3位を自分のサイトが独占することも可能なのです!
この可能性を潰すのはもったいないですね。

alternate属性とは

Alternateは代替、どちらかのといった意味があります。
つまり、スマホで検索したユーザーがサイトにアクセスしたときにスマホサイトが表示されるように導くことが出来ます。
また、Googleのクローラーがサイトを訪れたときにalternateが設定されているとスマホサイトの存在が確認出来るので、重複コンテンツ扱いにはなりません。
スマホサイトを作っている人は、スマホへのアクセスを集める為にもalternate設定を行いましょう。

処理方法

では実際にスマホサイトの存在をクローラーが確認出来るようにするためには…
PCサイトのソースの内に

<link rel=”alternate” media=” only screen and (max-width: 640px)” href=”http://www.example.com/sp/”>

を記述すると、スマホ向けのサイトが存在しますという事を伝えることが出来ます。
(※<>は半角に直してください。)
また、スマホサイトのソースの内には

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/”>

を記述すると、インデックスするのはPCサイトにしてください。
(※<>は半角に直してください。)
という意味になるので重複扱いを防げます。
また、インデックスをPCサイトにすることによってPCサイトにSEO対策をして順位が上がれば、スマホサイトも同様に順位が上がってきます。

スマホサイトにSEOを行いたいのであれば、Canonical属性とAlternate属性を使うことによって PCサイトに対策をすれば、スマホサイトにも結果が出てきます。

  • スマホサイトが重複コンテンツではないという事
  • スマホユーザーにはスマホサイト、PCユーザーにはPCサイトを表示させる

という事をGoogleにお知らせする事が重要になってきます。


オススメ関連記事
本当の狙いはココ!オウンドメディアから自社サイトへの誘導方法
外部リンク対策の押さえておきたい3つの基本について
SEOキーワードの正しい用途を知ろう!読んでもらえる記事を書ける秘訣