SEO内部対策

サイトの集客がうまくいかない原因解明!コンテンツSEOでサイト改善

タグ:

サイトの集客がうまくいかない原因解明!コンテンツSEOでサイト改善の画像

共有

サイトを運営していて、うまく集客できていない。思いつくままにコラムは書いたけどアクセスが伸びない。そんなお悩みありませんか?現在SEO対策において、重要な要素であることに間違いないコンテンツ。あなたのサイトはどのように書いていますか?この記事を読んで、集客する高品質なコンテンツを執筆し、サイトの財産として貯蓄していきましょう。

コンテンツSEOとは。なぜSEO対策で重要なの?

サイトの集客数を増やすために、サイト運営者は必ずSEO対策を意識するかと思います。検索結果上位を取りたいキーワードを調べたユーザーに対して、一番求めている情報があるかどうかは、SEO対策において一番重要なことだと思います。

 

様々な手法があるSEO対策の中でコンテンツSEOは、Googleのクローラーの進化と共に大きく精度が上がり、対策も複雑化している分野です。初期のGoogle検索アルゴリズムでは、文章を深く理解するために必要な自然言語処理の技術・精度がまだ発展途上の段階であったため、単純にキーワードの含有率や文章量の多さなどで、判断材料を錯覚させて、意図的に検索エンジンのランキングを操作できてしまう時代もありました。

 

そこから、2019年10月25日に自然言語処理技術「BERT」を検索エンジンに搭載したという事で、大きくアルゴリズムが変化いたしました。(日本語圏を含む他の言語においても、12月10日に搭載されたことが発表されています。)

 

今まで単語に関しては理解をすることはできても、接続詞や文法によって変化する単語同士の関係性を理解することはできませんでした。どうしても人間が検索すると文章的な検索キーワードになる部分があり、それに対して適切なページを表示することは難易度がかなり高かったです。しかし、BERTは文脈を理解できるため検索結果の精度が上がるのはもちろん、それを読み取るためにサイトのコンテンツを読む精度も共に上昇しました。

さらにアルゴリズムの発展は続き、2021年に自然言語処理技術「MUM」が発表されました。BERTのアップデート版という事で、MUMは文章を読む速度や文脈を読み解く力が強化されたのはもちろん、マルチにタスクを処理することができるため、1000倍以上の性能があるといわれています。

このように、文章を読み解く技術は年々上昇しているため、検索結果の上位を獲得するためには、サイト内のコンテンツがとても重要な要素であることは明確です。

また、今後顧客になる可能性のある潜在層を獲得できるのもコンテンツSEOの大きな魅力です。検索キーワードの需要が高ければ高いほど、競合も多く、その中でも、より検索意図にマッチしたコンテンツに適したページとして提供し、コンテンツの鮮度も維持管理しなければ、上位獲得も維持も難しい時代になっています。

ページの評価を上げる要素は様々ありますが、コンテンツSEOの視点でいうと、網羅的であることが大事です。狙いたいキーワードの周りには様々な類似語が存在します。それらも抑えることで総合的に抑えているページという事で高評価になり、検索結果上位に表示される可能性が増します。こういった点でも、対策して損はない施策です。

 

魅力的なコンテンツの作り方を伝授!これでコンテンツSEO対策ばっちり!

サイトのコンテンツが重要であることが分かったら、あとはそれを制作していくだけかと思います。もちろん、ただ思いついたまま書いてもいいのですが、計画を練って戦略的にコンテンツを制作していった方が、最終的に狙いたいキーワードに上位表示されるのが早い可能性があります。是非以下手順を参考に作ってみましょう。

ペルソナ作成

ペルソナとは「仮想の人物像」の事を指します。ペルソナを決めることで、顧客をイメージできるので、意外と逃していた情報や新しい狙うべき情報が見えてくることがあります。

以下、ペルソナの設定すべき項目を列挙いたしますので、参考にしてください。

名前、年齢、性別、職業、住居、家族構成、趣味、性格、エピソードを想定します。人数は何人作成しても問題ありません。多ければ多いほど様々な顧客心理を把握できるので、余裕があれば数人作成しましょう。もし、時間をさけなければ、年齢、性別、職業程度を決める、「ターゲット」作成で行いましょう。

カスタマージャーニー

ペルソナを作成したら、それらがどのように運営サイトと接点を持ち、コンバージョンを獲得するルート、カスタマージャーニーを作成します。カスタマージャーニーは非認知から始まり、興味関心→情報収集→比較検討→アクション=コンバージョンと段階を踏みます。表を作って今回作成したペルソナの心理状況とあてはめながら埋めていくと、自身のサイトに必要なコンテンツが見えてきます。それに合わせたキーワード・キーワード需要なども併せて表にまとめていくと、より今後必要なコンテンツを見通せるのでお勧めです。

構成案

カスタマージャーニーでどんなキーワードやどんなコンテンツを作るのかを決めたら、ページの構成を決めます。狙うキーワードの検索上位の競合を調査し、どのような構成や内容を記載しているかまとめていきます。競合の良いところと、自分のサイトでPRしたい部分を組み合わせれば、現在Googleが評価している部分を取り入れながら、本当に伝えたいことを掲載することができるのでお勧めです。

執筆

構成案を基にして実際に文章を書いていきます。意識するべきは、1ページ1テーマです。Googleは複数の内容が含まれているコンテンツをどの検索キーワードで表示すればいいのか困ってしまいます。

狙っていきたいキーワードがある場合は、それにこたえられる内容に絞ることを意識しましょう。それぞれのテーマから内部リンクされるTOPページはより広義的なキーワードでも獲得できるようになるので、ページでは専門的に、サイトでは網羅的であることが大事です。(例:「チョコケーキ レシピ」「シュークリーム レシピ」等で獲得していけば、TOPページで「お菓子 レシピ」のような大きなキーワードを獲得できる可能性がある)

また、E-A-Tといった評価軸もあります。E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の概念の略です。簡単に説明すると、その記事に対して専門的な内容(一般的で知られている内容ではなく意味のある詳細的内容)であり、権威性やその分野で認知されている人が情報発信をしていて、その情報が載っているサイト自体信頼がおけるかどうか、というのが大事です。E-A-Tの詳しい内容についてはこちらでご確認ください。

コンテンツ制作でのNGとは?ポイントを抑えて集客を狙おう。

今までお伝えしたのは意識するべきことですが、NG行為をお教えします。

コピーコンテンツや自動生成されたテキストは、Googleからペナルティをくらってしまいます。

競合調査でよい文章をそのまま盗んできても、Googleは最初にインデックスされていた方を覚えているので、コンテンツをコピーしていることがばれてしまい、そのコンテンツには評価がありません。また、自動生成された文章になっていないコンテンツも、BERTやMUMのような言語処理技術がアルゴリズムに組み込まれているので、すぐばれてしまうでしょう。

楽をしても、良いコンテンツは生まれないことを肝に銘じておきましょう。

しかし被せるつもりがなくても似てしまう場合はあるかと思います。

そんな時はコピーチェックツールを利用して確認してみるのはいかがでしょうか。自身のコンテンツを入れると、ウェブ上のコンテンツと類似している箇所の算出や率を教えてくれるサイトが存在します。(例:https://ccd.cloud/)

他にもNG行為はあります。

キーワードの詰め込みも良く起きてしまうNG行為かと思います。

なぜ駄目かというと、あからさまにキーワードを利用していることによって、文章として成り立たない場合や読みにくければ、いくらそのキーワードについて書かれている内容でも、非常に読みにくく不快に感じますよね。つまり、ユーザーエクスペリエンス=UX
が低下しているという事になります。つまり、キーワードの多さによってコンテンツが評価されることはありません。

また、文章が長ければ長いほど良いという事もありません。

理由は上記と同じく、何を言いたいのかわからない為、UXが低下しています。目指すべきは検索内容に答えている内容で、要点が抑えられていて読みやすいことが大切です。もし、こんなに努力しているのに良い順位が取れないという方は一度初見の気持ちで文章を見直してみましょう。

 

最初からプロにお願いしたい!それならSEO STYLEに任せて下さい。

コンテンツSEOの重要性や手順について解説してまいりましたが、いかがだったでしょうか。是非コンテンツを精査してSEO対策を行い、サイトの集客を成功させましょう。

と言っても、コンテンツが大量にサイトにあればあるほど対策は難しくなっていきます。また、一からすべてを制作するのもかなり大変な作業です。

もし、プロにお願いするならばSEO STYLEに相談してください。構成の見直しから、コラムの制作まですべて対応可能です。ご相談お待ちしております。

オススメ関連記事
品質評価ガイドラインとは?WEBマスター向けガイドラインとの違いも解説!
【初心者必見】Web集客に必須!SEOに必要な内部対策と外部対策を分かりやすく解説
【新要素】Passage Ranking(パッセージランキング)とは?